バイアグラのジェネリック、国産と海外産どっちを選ぶ?

バイアグラの国産と海外産ジェネリックについて
バイアグラのジェネリック品は、大きくふたつに分けられています。
日本で生産されているジェネリックと、海外で製造されているジェネリックです。
ジェネリック品は、新薬を元に作られた後発薬を意味しているので、成分・効果はまったく一緒。
新薬よりも製造期間やコストがかかっていないため、格安で購入できます。

国産ジェネリックは病院での処方になります。
バイアグラより安価で買えるため、ジェネリック品を希望される方も多く、価格は1錠650円~1,000円程度です。
バイアグラは1錠約1,300円~1,500円なので、300~500円ほど安く買えます。

海外ジェネリックの場合は日本未発売のため、病院やドラッグストアでも販売していません。
服用したい時は、通販サイトから注文可能。
海外医薬品はあまり日本に普及していないので、直接輸入して取り寄せる方法は薬事法でも認められています。
海外で作られているバイアグラの後発薬は、1錠460円程度でED治療が行なえます。

国産ジェネリックを1カ月に20回使用すると、13,000円(650円を服用した場合)です。
海外ジェネリックを1カ月20回使用すると、9,200円と3,800円もお得になります。

「低価格なだけで効果は弱い?」と思われる方もいますが、有効成分は同じなので当然効果に問題はありません。
海外ジェネリックはほとんどがインドで製造されています。
ジェネリック製造大国として呼ばれているので、世界中の製薬会社の中でも大企業がたくさん存在します。
バイアグラの後発薬として、有効性や安全性は確認されているので効果もお墨付きです。

重要視している部分によって、病院で国産ジェネリックを購入するか、海外ジェネリックを通販するか決めてください。