シルデナフィルでパワフルな勃起を実現!

ED治療薬のパイオニア・バイアグラの有効成分はシルデナフィル
狭心症治療薬の研究過程で発見された成分で、血行促進作用に優れています。

バイアグラはどうしてEDに効くの?
シルデナフィルがあれば、どんな人でも勃起できるようになる?

シルデナフィルの効果や飲み方、身体に与える影響など、基本の情報をまとめました。

狭心症治療薬だったシルデナフィル

シルデナフィルで男の自信を取り戻す
シルデナフィルをED治療薬として開発したのは、アメリカにある製薬会社・Pfizer(ファイザー)。」

狭心症治療薬の治験を進めるなかで、勃起機能の改善・向上がみられたためED治療薬として開発されることになりました。

血管系に作用する効果を持ち、勃起に効果的ですが射精量を増やすような成分ではありません。

別名ホスホジエステラーゼ5阻害薬とよばれる有効成分であり、EDの大きな原因が集まる血管周辺だけでなく、身体全体にも効果を及ぼす可能性のある成分です。

【引用元/シルデナフィルとは(お悩み宅急便)】

シルデナフィルからできたED治療薬・バイアグラが、アメリカで登場したのは1998年。
世界的な人気を受けて、翌1999年には日本でも販売されるようになりました。

血行促進作用で硬さをサポート

シルデナフィルがEDに効く理由は、ペニスへの血行促進作用に優れているから。
EDになると性欲を感じてもペニスへの血流が増えず、勃起に至りません。

健康な男性が勃起できるのは、血流アップの働きをもつサイクリックGMPが働いているから。
サイクリックGMPの増殖によって血流が増え、射精後にはPDE-5がサイクリックGMPを分解してペニスを元の状態へ戻します。

性的刺激を受けてペニスが膨張するという自然な反応ができるかどうかは、サイクリックGMPとPDE-5のパワーバランスが大きく関わっています。
しかしEDは、常にPDE-5が優位な状態。セックスに対する意欲とは裏腹に、勃起を収束させる作用ばかりが働いているのです。

シルデナフィルはPDE-5を抑えて、サイクリックGMPの活性をサポート。
必要なタイミングでペニスへの血流量が増えるので、勃起の発現および硬さの維持を可能にするのです。

ED改善率は72%以上

シルデナフィルのED改善率をみてみましょう。

25mg服用時・・・58%
50mg服用時・・・72%
100mg服用時・・・72%

日本で認められている最大摂取量は50mg/1回。
10回中7回以上は、勃起や挿入が成功できるようになる計算です。

海外製のバイアグラやカマグラゴールドなど、シルデナフィルを含む商品は100mgも存在します。
ED改善率に差はないものの、薬に耐性がつきやすい人や肥満体型の場合50mgでは効果を感じづらいというケースも。
そんな人は100mgを試してみるのもアリです。

シルデナフィルの効果

シルデナフィルの勃起効果はどんな風に現れるのでしょうか。

飲めば勝手に勃つ?
1回射精したらそれで効果はなくなる?

など、効き目の現れ方や持続時間について一歩掘り下げてみましょう。

服用から30分ほどで効き始めます

シルデナフィルの効果発現は、服用から30分前後。1時間後には作用のピーク(もっとも強く作用する瞬間)を迎えます
その後およそ5時間に渡って作用が持続。一度射精したあとでも、性的刺激を受ければ再び勃起できる状態に。

時間が経つごとに効果が薄れていくため5時間後にもフル勃起!というわけにはいきませんが、用時間内であれば複数回のセックスが可能です。

性欲がなければ勃起できません

ED治療薬は、セックスしたいけど身体が反応しないという人のための薬。
シルデナフィルの勃起作用は強制的なものではなく、自発的な性欲があってはじめて発揮されます。

ストレスやコンプレックスなどを抱えて、そもそも性欲を持ち合わせていない男性を勃起させることはできません。

シルデナフィルの作用で現れる体調不良について

シルデナフィルによる血行促進作用の影響は、副作用としても現れやすいので注意が必要です。

痛、動悸、顔のほてり、充血、鼻づまりなど

血管拡張の働きが全身におよぶため、頭痛や動悸が起こるのは仕方がないこと。
ほとんどの症状は数時間で軽快していくので、過度な心配は必要ナシ。
体調不良を感じるのは、シルデナフィルが効き始めているサインでもあります。
前向きに受け止めて、セックスに専念しちゃいましょう。

「自分は頭痛持ちだ」「鼻炎が起こりやすい」という人は、市販の頭痛薬や鼻炎薬で対策を。
シルデナフィルの効能を低下させることはないので、安心して体調管理に役立ててください。

勃起が戻らない人は病院へ!

シルデナフィルによる副作用のなかには、めったに起こらないものの起こると危険な症状も。

もし痛みを伴う勃起が4時間以上続いていたら、すぐに病院へ!
持続勃起症(プリアピズム)といって、ペニスの血流が滞っている状態です。
放置するとペニスが壊死して、勃起できなくなるかもしれません。

持続勃起症には痛みがないケースもありますが、いつまで経っても勃起が収まらないのは異常事態です。
ペニス内の血液を循環させる処置を受ければ回復できるので、異変を感じたら恥ずかしがらずに医療機関を受診しましょう。

シルデナフィルで充実した夜を取り戻しましょう

シルデナフィルが元気をくれる
シルデナフィルで作られているED治療薬はたくさんあります。
バイアグラをはじめ、カマグラゴールドやバイスマ、カマグラゼリーなど、価格も剤形もさまざま。豊富なバリエーションのなかから、自分にピッタリのシルデナフィルが見つけられるはず。
パワーみなぎる勃起を体感して、セックスの満足度をアップデートしていきましょう。